泳力検定

ご挨拶

株式会社ニチレイ 代表取締役社長 大谷邦夫
株式会社ニチレイ
代表取締役社長
大谷 邦夫

水泳愛好者人口の多い日本
今後もっともっと挑戦する人が増えていくことを願っています

水泳は日本だけでも3000万人とも4000万人ともいわれる愛好者人口がいるといわれます。これだけの人が親しむスポーツということは、とりもなおさず国民の健康づくりの大きな支えとなっていると思います。

また、泳力検定は受検者の多くが明日を担う子供たちであることから、水泳振興策の柱と言えるでしょう。冷凍食品を中心にご家庭の食卓に深く関わっているニチレイとしては大いにエールを送り、バックアップしていきたいと思っております。

公益財団法人 日本水泳連盟 会長 青木 剛
公益財団法人
日本水泳連盟
会長 青木 剛

水泳を通じてスポーツの振興と社会貢献を

(公財)日本水泳連盟は、リオデジャネイロオリンピックにて7個のメダル獲得の実績を残した競技力向上の目標とともに、生涯スポーツとしての水泳の普及というもうひとつの大きなテーマを持っています。

こうした中で、平成10年に発足した「泳力検定制度」が多くの皆さんに支えられながら全国に浸透し、水泳愛好者に身近な目標と達成感をもたらし、ひいては水泳選手への登竜門となっていることは非常に喜ばしいことです。

また、本連盟が掲げる「スポーツによる社会貢献」活動の一環としても「泳力検定制度」がジュニア層だけでなく中高年の水泳愛好者にも目標とされ、健康維持・管理に効果を上げてくれるものと期待しております。

これに加え、株式会社ニチレイ様より、スポーツ振興策としての「泳力検定制度」の健全な普及と発展性に対する評価と青少年の健全育成に貢献することを主旨に全面的なご支援をいただいており、本連盟としても更なる本制度の推進に努力してまいります。 今後とも、ご協力の程、お願い申し上げます。

  • ニチレイ商品紹介
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • センターポールに日の丸を 〜先輩たちからの言葉〜
  • 危機管理マニュアル

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • ドリームプロジェクト2020
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています

ページトップ