お知らせ
  • トップ
  • お知らせ
  • 本連盟登録競技者におけるクラウドファンディングの注意喚起

お知らせ詳細

本連盟登録競技者におけるクラウドファンディングの注意喚起

2020年09月08日

公益財団法人日本水泳連盟は、「競技者資格規則」の第7条(競技者に禁止される商行為)第1項として「競技者は、自己の肖像等(動画・静止画・イラスト・サイン・氏名・ニックネーム・似顔絵・手形・足形・声等その個人であることが明確にわかるもの)をテレビ・ラジオコマーシャル、ポスター、新聞、雑誌、パンフレット、チラシ等の広告媒体物に使用させ
る事を禁止する」と記載されております。

すなわち、同規則に基づいて本人(登録競技者)のクラウドファンディングは認められておりません。
ついては、本人(登録競技者)の故意であるか否かに問わず、同規則に抵触もしくは違反と判断された場合は、同規則第8条第5項により、処分等の対象になることを否めず、選手としての活動を守ることができなくなる可能性があります。

詳細は下記ファイルをご覧ください。

  • スタートの段階指導
  • 世界水泳2022
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • FINA 世界水泳 FUKUOKA 2022
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル
  • 水泳の日
  • 月刊水泳

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ