トピックス
  • トップ
  • トピックス
  • 【AS】第94回日本選手権水泳競技大会 アーティスティックスイミング競技 / FINA Artistic Swimming World Series 2018 in Tokyo 3日目

トピックス詳細

【AS】第94回日本選手権水泳競技大会 アーティスティックスイミング競技 / FINA Artistic Swimming World Series 2018 in Tokyo 3日目

2018年04月29日

第94回日本選手権水泳競技大会 アーティスティックスイミング競技 / FINA Artistic Swimming World Series 2018 in Tokyo JAPAN OPEN 2018の大会3日目は、ミックスデュエット・フリー、デュエット・フリー予選、チームフリーの3種目が行われました。

ミックスデュエット・フリーには安部篤史・足立夢実ペアが出場しました。定評のあるスネークを演じ、87.7667で2位になりました。テクニカルの覇者イタリアのフレミニ・ミニシニペアが89.6333で優勝しました。

引き続きデュエット・フリー予選が行われ、ジャパンオープン2018に19組、日本選手権に15組が出場しました。

乾友紀子・中牧佳南ペアが93.1000で優勝しました。今大会にはチームジャパンのセカンドデュエットである福村寿華・吉田萌ペアも出場しました。初デュエットながら89.3333を獲得し、現在3位につけています。2位にはイタリアのセルティ・フェッロペアが90.6667で入りました。

チーム・フリーは6か国が出場しました。日本代表チームが92.2000を獲得し、優勝しました。フランスチームが85.7000で2位に、ウズベキスタンチームが80.3000で3位と続きました。

日本選手権、デュエット・フリー予選は河野みなみ・大澤友里子ペア(アクラブ調布)が84.4333、澤田眞夏・藤山恵奈ペア(東京アーティスティックスイミングクラブ)が83.3333、吉田理恵・角田玲那ペア(東京アーティスティックスイミングクラブ)が82.1667と続きました。昨日のテクニカルの得点を合計した上位12組が最終日のデュエット・フリー決勝に進みます。

チーム・フリーは井村アーティスティックスイミングクラブAチーム(井村ASC)が86.0333で1位、東京アーティスティックスイミングクラブAチーム(東京ASC)が85.4333で2位でしたが、チーム・テクニカルで0.9ポイントの貯金があった東京ASC・Aチームが168.3473、0.23ポイント差で逃げ切り、日本選手権を獲得しました。井村ASC・Aチームが168.0121で2位、テクニカル3位のアクラブ調布が164.9725で3位入賞しました。

最終日30日はフリーコンビネーション、ソロ・フリー決勝、デュエット・フリー予決勝が行われます。

水と身体を使った、アーティスティックスイミングならではの『美』を追求し、競い合う選手たちへのご声援、よろしくお願いします。

※写真1:ミックスデュエットで2位に入った安部選手・足立選手のペア
※写真2:チームではHappy feelings Life celebrationをテーマに楽しさを表現
※写真3:日本選手権のチームは東京アーティスティックスイミングクラブが優勝

  • 飛び込みの段階指導
  • 競泳ジャパンオープン2018
  • 受動喫煙防止
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています

ページトップ