多くの女性アスリートが月経等に関する健康問題を抱えながら競技生活を送っています。
日本水泳連盟では、医事委員会、アスリート委員会、競技力向上コーチ委員会が連携し、「競泳」「飛込」「水球」「AS(アーティスティックスイミング)」「OWS(オープンウォータースイミング)」の5種目の女性水泳選手が抱える健康問題に対し、選手・指導者・保護者等を対象に教育・啓発・課題抽出・受診環境整備を行い競技力向上に寄与する目的で活動しています。

女性アスリートが抱えている問題

  • 月経困難症
  • 月経前症候群
  • 過多月経
  • 無月経
  • 月経不順
  • 初経遅延
  • 月経周期とコンディション
  • 経血に関する不安 など

WHPの活動内容

Women’s Health Project

教育

Conditioning GuideやQ&A集を作成し、教育用動画をHPにて配信しています。また講習会を実施しています。

啓発

PR動画やリーフレットの作成を行い、合宿や大会で情報共有を行います。月刊水泳やスイミング・マガジン、Talk up1252での配信を通じて啓発活動を行っています。

選手インタビュー動画

受診環境整備

産婦人科医や一般社団法人女性アスリート健康支援委員会と連携し、女性アスリートを取り巻く環境の改善に向けて、情報の共有や環境整備を行っています。

課題抽出

メディカルチェック等でスクリーニングすべき項目の検討を行っています。

連携団体